すでに電話番号がありその番号を使いたい時には!

会社の状況に応じて導入できる

会社の経営が好調なときには、電話秘書として専任者を雇用することもあります。一方、好調でないときには、専任者を雇用するのは負担となります。そうした場合に役に立つのが、電話代行サービスです。電話代行サービスでは企業の社員に代わり、秘書資格を持つオペレーターが電話応対をします。また、会社が好調のときであっても、当サービスを導入すれば、業務の効率化が図れます。サービス内容としては、不在時や本業への集中時での電話対応が主なものです。その他の効果として、会社のイメージアップを図ることができます。何よりも専任の電話対応を雇う必要がないので、大幅に人件費を節約できます。会社の状況に応じて導入できるので、臨機応変な対応ができるのも魅力です。

会社のイメージアップにもなる

電話代行サービスを導入する場合、大きく2つのやり方に分かれます。その一つが既にある電話番号を、そのまま使う方法です。これはボイスワープという機能を使うやり方で、会社に着信した電話が代行サービスへ自動転送されます。ボイスワープの利用に関しては、電話会社と契約する必要があります。一方、会社の電話番号を使用しない場合は、代行サービスから電話番号を新たに貸し受けることになります。この場合は、ボイスワープの契約は不要です。固定維持費もかからないので、節約に繋がります。電話代行サービスのメリットは、単に電話の取次を代行すすだけではありません。オペレーターは秘書のスキルを持っており、仕事内容に応じて適格な対応ができます。